玉里整骨院・整体院でのシンスプリント症状改善例@諫早市の高校に通うS君

2014年07月13日

皆様こんにちは!玉里整骨院・整体院の米澤です!

 

米澤01.jpg

 

新年度に入り、体育祭や中・高総体のために

いつも以上に気合の入ったハードな練習をされた学生さん達が多いと思います。

そのため56月はスポーツ障害で来院される方が急増しました。

肉離れ・オスグッド・捻挫など症状は様々です。

 

今回はその中でもシンスプリントで来院した諫早市内の高校に通うS君のケース紹介致します。

 

試験休みを利用して来院された高校生のS君はバレー部に所属し、

中学1年生の頃よりシンスプリントを繰り返していました。

その都度、病院でレントゲンを撮って「異常ありません」と言われていたそうです。

それもそのはず!!

シンスプリントは激しい練習などを繰り返すことで起きる骨膜の炎症です。

骨折ではないので、レントゲンにはうつりません。

 

部活も休むことが出来ず、足の痛みを我慢しながら練習をしていたら座っていても疼くようになり、

精神的にも気落ちして問診時に涙を見せていました。

 

 

 

シンスプリントは固定して安静にするのが一番です。

しかしそれだけでは対処療法になってしまい、

また繰り返してしまいます。

そうさせない為には、積み重ねてきた不良姿勢を正すことが大切です。

当院では骨格の歪みを整え、スポーツ時だけでなく日常生活においても

怪我しにくい身体をつくる根治療法を実施しております。

 

 IMG_6910.jpg

 

今回の学生に背骨の矯正、猫背矯正、礒谷療法で骨格のバランスを整え最後に包帯固定を行いました。

翌日に来院された時には安静時の痛みがとれ、笑顔を見る事が出来ました。

日に日に痛みが軽減していき、5回目の施術で運動時の痛みが消失し、またバレーを元気に頑張っています。

 

どんなに小さな怪我でも軽視せず、一度当院へお越し下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしてます。

 

 DSC03028.jpg

玉里整骨院・整体院

 

長崎県諫早市有喜町 240-5

TEL0957-28-6168

【診療日・診療時間】 

平日 8:30~12:00/14:30~19:30 

土曜・日曜 8:30~12:00/14:30~17:00

【休診日】 

水曜日 祝日

 

リュージュ.jpgエキテン.jpg

事故2.jpg